ゆっくりと 日々を描写してみよう。
とりあえず、ジャンルレス。ユルイめ感じに。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


なお、日々・・新しし日々
流れる音はゆっくりと
小さな小川
ほとんど水面分しかない水位の中にも
小魚はいるんだっとビックリする

湖に向かうと真っ青に澄んだ広い世界
耳を澄ますと
鳥の声と
釣り人の投げた
ルアーが水面に落ちる音

1月は寒いからなかなか釣れないが
こう待つのも
どうしてなかなか悪くない

透き通る自然
はっきりと主張する自然

自分自身の弱さを感じ
その強さに憧れる

きっとお金がなければ
この自然の中で
俺は暮らしてはいけないだろう
または
そうとう苦労するだろう
それは人であれば
大半の人間がそうだろう

自然の強さにあこがれる
すぐ隣にあるはずなのに
一層向こう側に感じてしまう


唯一はっきりとしている
共通の「命」「生」という部分

なら、その力を少しでも浴びて
エネルギーをもらい
日々を重ねて行こう













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。